オフィスレイアウトはデザインと生産性向上にこだわる

オフィスレイアウトと言えば、機械的にデスク、複合コピー機、キャビネット、打合せ用デスクを配置しがちです。

このこと自体は、間違いではありません。
ところで、オフィスのエントランスは、お客様が最初に目にする部分であり、そのデザインは重要です。
また、エントランスから見えるオフィスレイアウトは、エントランスのデザインとともに「そのオフィスの第一印象」にもなるため、極めて重要です。
そして、オフィスは複数の人が仕事をする場所であるため、複数の人が使用する複合コピー機やキャビネットなどは全員が使いやすいように配置すべきです。

Youtubeに有効な知識の紹介です。

また、外部の人も利用する打合せ用スペースは、打合せをしやすいように比較的静かな位置にオフィスレイアウトをすることで打合せがしやすくなり、打合せ時間が短縮できて効率が良くなります。

つまり、オフィスレイアウトをしっかりデザインすることでオフィスの使い勝手が良くなり、生産性が高まる効果があるのです。



言い換えれば「オフィスのレイアウトやデザインを軽視すると第一印象が悪く、仕事の効率が悪くなる」という事です。



ちなみに、最近では、使いやすいオフィスレイアウトやデザイン等の重要性を認識している人が増えているため、専門業者に内装工事等も含めて委託するケースが増えています。

即ち、施工実績が豊富な専門業者ならではのレイアウト等で、オフィスの第一印象をより良くさせ、かつ、生産性の向上を目指す人が増えているのです。