オフィス移転費用の概要

オフィス移転費用は、移転の規模や立地によって違ってきますが、最低限かかる費用としては、通信工事、内装や間仕切り工事、引越し工事、電気工事、サイン工事などがあります。今はインターネットの時代なのでセキュリティ工事、ネットワーク工事も必要であり、工事諸経費も考える必要があります。
その経費は、総工費の大体10%ほどであり、工事総合管理費用もかかってきます。

基本的には、工事期間プラス1ヶ月で月に50万円とかかかり、オフィス移転費用はいろんな工事代で費用が嵩んできて、手続きとしてプロの手を借りてオフィス移転準備のチェックをすることが大切です。

朝日新聞デジタルの情報サイトはこちらです。

現在のオフィスにおける準備チェックと、移転先のオフィスの準備チェックの両方をやる必要があります。

移転先のオフィスにおける準備チェックとしては、建物に関するチェック、建物周辺のチェック、電話回線や機器類の移設のチェックなどがあり、新オフィスの内装工事なども予算面や機能性の確認、フロアごとのスペース配分などの確認が必要です。

そのために、準備のための計画を立ててスムーズに移転できるようにすることが大切です。



オフィス移転は個人の家の引越しと違って事前の入念な準備作業がたくさんあるので、いつまでに何をどのように準備していけばよいのかをしっかりと移転マネジメントなどとよく相談して決めておくのが確実です。
後で問題が起こってしまった時の対策のことも移転前によく理解しておく必要があります。